HOME

和装で前撮りの撮影 普段着物などは滅多に着ることはありませんが、
結婚式の時に和装をするのには憧れを抱いている人も多いでしょう。

ウェディングドレスも素敵ですが、日本人にはやっぱり和装が似合うようになります。
京都での前撮り


そんな姿を前撮りで残しておくのであれば、京都で撮影するのがオススメです。
一度貸切タクシーで回ってみるのも良いですよ。

 

もちろん京都で撮影をする場合には、街並みを背景に前撮りをする方がいいでしょう。
スタジオでも素敵な写真を残すことは出来ますが、やはり京都の町並みにはかないません。


京都で街並みを背景に前撮りをするのであれば、一日一組限定で撮影をしてくれるような会社を選ぶようにするといいでしょう。
そうすれば、焦ることなくゆっくりと撮影をすることが出来るようになります。


新婚カップルは何を思う?「別撮り」に関する考え方


近ごろでは、結婚を控えた新郎新婦が前撮りサービスを上手に賢く活用しています。
2015年に作成されたアンケートデータには、多くの男女が
専門の会社に依頼をしているという結果が掲載されているのです。


事前に希望する場所で、時間をかけて和装姿を撮影できますので
心から納得できる美しい仕上がりを叶えることができます。


また、着物のカラーやデザインは自由に選択することが可能ですし、
必要な巾着袋や履物などもセットでレンタルすることができて大変便利です。


さらに、ヘアスタイルやメイクを担当するプロのスペシャリストが担当してくれますので、
一生に一度の装いを華やかに演出することにつながっています。


料金は非常にリーズナブルでシンプルな内容のため、初めて前撮りサービスを利用する
新郎新婦にとっても、安心して任せることができると評判です。


このように、2015年のアンケートデータ結果には結婚式の前撮りが
真っ先に選ばれている理由が大きく反映されているといえます。


結婚式の当日に慌てたり急いだりしないように、気持ちに余裕を持った状態で喜びに浸りたいと願う
カップルたちの間で親しまれているのです。


伝統と格式を感じさせる背景をバックに、素敵な写真を撮影できます。

和装着物レンタル

 

素敵な写真を残すために


時間がないからと焦って撮影をしていても、いい表情を作ることが出来るものではありません。
いくら幸せいっぱいの時期とはいっても、いい写真がすぐに取れるとは限らないですので、
ゆっくりと撮影をしてもらえる会社を選ぶようにした方がいいでしょう。

 

また、前撮りをするということは、結婚式当日にバタバタしないために、
より自然な二人の姿を撮ることが重要となります。


そんな前撮りがバタバタするものになってしまっては本末転倒です。
普段はあまりできない和装で、京都の古く美しい景色の中
リラックスして、ぜひ最高の一枚を追求してみてください。

 

白無垢は「純潔」の象徴!和装の結婚式のまめ知識

和装の結婚式では、白無垢を着るのは一般的です。
そこもかしこも真っ白なその着物姿は、純潔無垢という意味を持っているそうです。
和装の婚礼衣装には色打掛なども有名ですが、やはり白無垢はとても人気があって年齢に関係なく着たいという女性が多いといいます。
真っ白な正絹に色味が入ったピンクがかったものや赤の差し色がきれいなものまで、様々です。
長襦袢から打ち掛けや小物類まですべて白で統一されており、この真っ白な姿は嫁ぎ先のどんな家風にも染まります、という意味を昔は持っていたということです。

ヘッドドレスは角隠しと綿帽子の2種類があり、どちらか自分が選ぶことが出来る場合もあるそうです。
最近は洋装のヘッドアクセを使った和装というのもあるということですが、やはり人気が高いのは綿帽子や角隠しです。
綿帽子は顔を隠すことが出来るので恥ずかしいし、緊張するという人に人気があるといいます。伝統的な角隠しは和髪をしたい、という人に高い人気を誇っているそうです。

真っ白な和装ではありますが、最近は細かな柄を入れているものも多いです。
たとえば鶴は中国で長生きの象徴として伝えられていますが、同時に一度番ったら生涯同じ相手と過ごすということで夫婦円満の象徴の意味もあると言われています。

植物柄ならば松竹梅や牡丹に菊などが施されているので、それぞれに意味をもたせたい人にも人気です。
鳳凰の柄は施されたものなどもあり、人気が高いといいます。 色は白が基本ですが先程も書いたように赤を差し色として使ったり、うっすらピンクがかったものも人気だといいます。

ちょっとした色を入れるだけでその印象はまったく違うものになります。
また、生地の素材によっても色味が変わるので、正絹か化繊かどちらがいいのかをきちんとスタッフの方に相談してみることをおすすめします。

結婚式場の系列を利用することも多いですが、まったく別の衣装のお店を利用し、レンタルで着るという人もいるのでそこはきちんと結婚式場の方や旦那さんなどと相談してみましょう。

レンタルでも前撮りを撮影することも可能ですし、一日レンタルで撮影をゆっくりと写真館の方に依頼をして行うことが可能なところもあります。

一生に一度の結婚式だからこそ、和装の花嫁姿をきれいに残したい、思い出としてもこれからの生活の支えになるように後悔なく判断出来るように考えましょう。
いくつかの衣装屋を比較するのもおすすめです。